記事の詳細

発展途上国の社会的問題を「デザイン思考(デザインシンキング)」で解決

前回に続き、発展途上国のソーシャルビジネスにおいて解決に向かっている社会問題についての事例を紹介します。

途上国では、乳幼児の死亡率の高さが社会的な問題となっています。

乳幼児の主な死亡原因は助産師の立ち会わない出産や母胎の栄養不足などがあげられます。

archives14-2

途上国であるネパールの病院では、乳幼児を安全に管理するための機材である保育器が不足していました。
そもそも保育器自体が高価であり、メンテナンスに高度な技術や知識が必要となります。
そこでこれらの問題を解決するために、もっと安価でメンテナンスにお金や知識、技術が必要としない保育器を開発してほしいという需要がありました。

普通に社会問題を解決するのであれば、機能を最低限にしてできるだけコストを抑えたものを開発するか、費用は無視して先進国からの援助金を活用し供給するかという方向で問題解決に取り組まれ、時間と費用を消費することになります。

しかし、「デザイン思考」を用いると、この社会問題の見え方が変化します。
まず、ネパールの病院の医者や看護師の洞察、観察をするだけでなく、病院を利用する妊婦へのヒアリングを行ったり、人口の多い病院のない郊外の妊婦へのヒアリングを実施しました。
その結果、病院での乳幼児の死亡率はさほど高くなく、むしろ病院の使用率は低いことがわかりました。
病院のない郊外に住む妊婦にとって、徒歩やバスなどを使って10時間もかけて病院に向かうことは現実的に不可能だったのです。

これらの調査から病院で出産する妊婦よりも、家で出産する妊婦の方が多いという事実が浮き彫りになりました。
そうすると解決する方法は何も保育器を病院に供給することではなく、自宅でも乳幼児の命を守ることのできる装置を開発供給することが問題解決の糸口となりました。

デザインマネジメントが「デザイン思考(デザインシンキング)」を活かす場を整える

乳幼児が生まれた際に重要なことは体温を保持することであり、未熟児として生まれた場合であればなおさら必要なことです。

そこで、病院のために安い保育器を作るという解決案から、自宅で乳幼児に温かい環境を提供するという解決策に方向性が転換され、2万円の保温器が提供することになりました。

以上のように、同じ乳幼児の命を助けたいという問題からのデザイン思考を用いて「洞察」「観察」「共感」のプロセスを通して違った解決策を生み出し実行することができます。そのための準備として、社会問題をしっかりと定義付けし、解決すべき課題を明らかにすることによって、常識や過去の慣習にとらわれない手法「デザイン思考(デザインシンキング)」を活かす場を整えるためのデザインマネジメントが必要となるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る