ブランディング デザイン

デザインマネジメントを基軸としたブランディング

 

ブランドマネジメントの重要性

ブランド(ブランディング活動)とは、企業と顧客の両者があって、はじめて成り立つものです。 企業は「今後の事業や製品を、お客様に対してどのように展開していくのか」というビジョンをもとに、 ブランドを通して顧客に何を約束するかを明確にする必要があります。 また、企業はブランドに対する顧客の期待を理解し、顧客の満足度に応え続けていくことが求められます。 ブランディング(ブランドマネジメント)で目指すのは、強いブランドを確立すること。 そのためには、「企業・顧客間の揺るぎない精神的つながり」を長期的に築き上げることが重要です。

 

 

ブランディングとは?

ブランディングとは「ブランドを作ること」、つまり価値のあるブランドを構築するための活動です。

ブランディングでは、  

 1. 精神的な構造を創り出すこと

 2. 消費者が一目で分かるように、製品・サービスについての知識を整理すること

を目的としています。実際に、個々の消費者の意思の中に、ブランドの価値は存在しています。 そのような観点から捉えると、ブランディングとは、ロゴやブランド・ネーム、パッケージなどの要素と、 ブランドの持つオリジナリティや価値を結びつけ、消費者の意思の中に育んでいく活動なのです。

 

ブランドがもたらすもの(ブランディングの目的)

ブランドを形成することは、企業の「売り」を明確にできる強力なツールとなります。 強いブランドを作ることは、他社製品との差別化を図るだけでなく、 プレミアム価格の商品として発信すれば、価格競争を回避する武器ともなります。 また、強いブランドは、継続して購入してくれる優良顧客(ロイヤルカスタマー)を獲得します。

・企業の「顔」といえるコンセプトや看板商品を開発してイメージを高めたい
・堅苦しい、地味な企業イメージから転換して若い人材の確保につなげたい
・斬新な方向性を示して従業員の士気向上につながるようなアイデアはないか など…

ブランディングに関するご相談承ります

 


デザインマネジメント

近年「デザイン マネジメント」が注目されている背景として、日本の場合、従来、技術や販売方法を中 心とした経営手法が一般的でしたが、その経営手法 による経済効果が薄れてきたことに、多くの人が気 づき始めたことが原因だと考えられます。多国籍企業だけでなく、中小企業でさえ技術や販売方法を中 心とした経営手法から、何らかの問題を解決するた めに、思案するデザインを中心とした経営戦略「デ ザイン マネジメント」の導入が、これからの企業にとって必要不可欠な考え方となりつつあります

 

企業のブランディング

ブランドとは、企業と顧客の両者があって、はじめて成り立つものです。企業は「今後の事業や製品を、 お客様に対してどのように展開していくのか」という ビジョンをもとに、ブランドを通して顧客に何を約束 するかを明確にする必要があります。また、企業は ブランドに対する顧客の期待を理解し、顧客の満足度 に応え続けていくことが求められます。ブランドマネジメントで目指すのは、強いブランドを確立すること。 そのためには、「企業・顧客間の揺るぎない精神的つながり」を長期的に築き上げることが重要です。

 

地域のブランディング

「地域を良くしたい」は、そこに根ざした地域を愛す る人たちが誰もが抱く願いです。今はさまざまな価値 観がある時代で、観光誘致、産品消費促進、産業誘致、 移住、高齢者など、都道府県や市町村など自治体を 取り巻く環境は大きく変化しています。地域の課題 は問題の本質を見極めることから始まり、その土地 の資源は何か、その資源を活かすのにはどうしたら よいか特性を見極めてニーズにあった地域のブランディングを実施・検証することにより、次のステップ への課題を見出し、地域と産業をデザインをします。


<こんな方におすすめです>

・企業の「顔」といえるコンセプトや看板商品を開発してイメージを高めたい
・堅苦しい、地味な企業イメージから転換して若い人材の確保につなげたい
・斬新な方向性を示して従業員の士気向上につながるようなアイデアはないか など…

ブランディングに関するご相談承ります

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る