記事の詳細

みなさまお久しぶりです。

約3ヶ月ぶりの投稿になってしまいました。

いつもデザイン マネジメント 専門ブログを読んでいただきましてありがとうございます。

デザイン マネジメントから考察する

東京五輪エンブレム問題

archives27-2

さて、世間ではオリンピックのエンブレム問題がニュースで取り上げられています。

佐野  研二郎 氏がデザインした2020年の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムがベルギーの劇場ロゴと似ている。その他のデザインもパクリでは!? といろいろ世間を騒がせておりますが、そもそも「デザイン マネジメント」を正しく理解して、実施していればこんな問題は最初から起こらなかったのではと個人的には思ってます。

もうちょっと具体的にお伝えすると、
佐野  研二郎 氏が 大きな「しくじり先生」をしてくれました。
デジタルでデザインする時代の代名詞である(インターネット、パソコン、MAC)の存在と、デザインができるまでのプロセス、「デザインマネジメント」の未導入が今回のような事態を招いてしまったといっても過言ではありません。

あっ、インターネット、パソコン(MAC)でのデザインを否定しているわけではないですよ。

デザイン マネジメントの未導入と現在主流となっているデザインを作り上げるプロセス(インターネット、デジタル デザインへの依存)に問題があり、そのことに危機感を感じています。

最初からインターネット、パソコン(MAC)に向かってデジタルからデザインをするプロセスを歩んでしまうと(プロセスを重ねてしまうと)、佐野氏の実例のように似た作品が次々と量産されてしまうことはある意味必然なのです。

 

そこで 私、、、このブログを書きながら思いの衝動に駆られました。

手描き(アナログ)デザインが大好きな人と繋がりたい!

「パソコンでデザインいっさいできなくてもいいです!」

「パソコンでのデザインあきた人でもいいです!」

「パソコンと向き合いたくない人でもいいです!」

「デジタル時代なんぼのもんじゃい!と思ってる人でもいいです!」

「デザインといえば手描きができないとね!」

「人のマネするくらいならデザイナーやめる!」など

「思考」

「志向」

「指向」

「嗜好」

「至高」

5つの「シコウ」の中で、どれかに当てはまる方といっしょにお仕事がしたいです。

 

なぜ手描き(アナログ)を大切にしているデザイナーと繋がりたいのか!?

こたえはシンプルです。。

デジタル時代らしいデザインはすでにたくさんあります。
インターネットでは無料の素材(デザインパーツ)がたくさん落ちてますし、

デザインをまとめた参考サイトも数多く存在しているので、それを参考にしながら多くのデザイナーは似たような作品をたくさん量産していることに結果なってます。
そんな理由から、手描きのデザインのほうが、現在主流になっているデジタルプロセスを辿ったデザインより、

圧倒的にデザインのクォリティが高くなる可能性を秘めてると私は考えてます。(注:パソコン(MAC等)を使ってのデザインをまったくやらないと言いたいわけではなく、手描き(アナログ)のやさしさに気づくこと、手描きでしか作り上げることのできない「世界観」を優先的に大切にすることが重要と考えてます)

もっと広義にいうと、

「デザイン愛」であふれる世の中にしたいです!

 

手描き専門(アナログ専門)デザイナー募集!

手描きのデザイン大好き!

手描きのデザインに興味がある!

我こそは!と自信のある方 など

お友達にこんな素敵な手描きデザインできる人がいるよ!という情報やお友達ご紹介でもかまいません。

「手描き専門(アナログ専門)デザイナー募集」に関する

ご質問がありましたらもお気軽にご連絡ください。

デザイン マネジメント 専門ブログでは、

みなさまからのメッセージおまちしております。

関連記事

    • 都内の大学生
    • 2015年 10月 09日

    初めまして。
    名前が公開になるのを避けたかった為、今の時点では都内の大学生、としておきます。ご了承下さい。

    私は都内のデザイン関係の大学に在学中の3年の女です。翌年4月から就職活動が始まるにあたって、どのような仕事があるのか、現段階で探している途中でした。そんな中、この記事を見つけました。とても共感しました。今ではパソコン、デジタル化が進んでどこの会社をみても、パソコンでのデザインが主流となっていますが、私はアナログが好きで、その温かみや優しさを伝えたいという思いから、今まで手描きでのイラストやデザインを描いてきました。

    アナログ専門、デザイナー募集とは、どういった形態なのでしょうか。詳しくお聞きしたいです。

    • 横田八州人
    • 2016年 3月 23日

    アナログの可能性を考えていてくれる人がいる事を知って嬉しいです。観るもの、聴こえるもの、香り。すべてがデザインに繋がると思っています。紙と鉛筆があれば原石を描くことはできますよね。いつか自分の感性に橋が架かることを信じています。人間そのものがアナログですから。

      • kusano
      • 2016年 3月 23日

      横田さま
      コメントありがとうございます。横山さまのおっしゃる通り、「観るもの」、「聴こえるもの」、「香り」を感じることから始まり、感じたものを想い描くことからデザインは生み出されます。 原石は磨けばきっと光り輝きます。
      素敵な架け橋へ続くことを応援しております。

    • 石川
    • 2016年 10月 19日

    はじめまして。
    デザイナーについて色々検索を
    していましたところ、こちらの記事に
    目が止まりました。

    私は手書きで絵を描く事が大好きで
    よく自分の描いたイラストなどを
    周りの欲しいと言ってくれる方等に
    ポストカードにしたりそのまま拡大したり
    してプレゼントしたりしています。
    ちなみにパソコンに関しては全く疎いので
    自信も有りませんが、

    デザインに関して、クオリティがどうだとか
    言われると上には上がいるので
    何とも言えませんが、ただイラスト、デザインを
    考える、描く事がとても好きです。
    そんな自分の好きを少しでもお仕事に出来たら
    いいな、と思いコメントさせて頂きました。

      • kusano
      • 2016年 10月 19日

      石川様
      コメントありがとうございます。 手描きには手描きならではの温かみや、その人が大切にしているものが
      作品から愛情として伝わると思います。 まずは作品を拝見させていただければ幸いです。
      ぜひ、お待ちしております。

    • 井手 節子
    • 2017年 6月 26日

    掲載されて、日数経たれてますが
    まだ募集はされてますでしょうか?

      • kusano
      • 2017年 6月 27日

      この度はお問い合わせいただきありがうございます。 
      メールアドレスのほうにご返信いたしましたのでご確認いただけますでしょうか。
      どうぞよろしくお願いいたします。

    • S*R
    • 2017年 7月 24日

    手書きでデザインをする仕事に就きたいと考えている者です。
    まだ募集はされておられますでしょうか?

      • kusano
      • 2017年 7月 24日

      S*Rさま

      このたびはお問い合わせ頂きありがとうございます。

      現在は、正社員採用の募集は行っておりません。
      (※今のところ予定はありませんが、手書きでデザインの案件がはいった場合にお声をかけさせていただくことは可能です。)

      せっかくのご希望にお応えすることができず誠に心苦しいかぎりですが、
      何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

        • S*R
        • 2017年 7月 25日

        かしこまりました!
        ありがとうございます^^*

    • 小團扇 勲
    • 2017年 9月 22日

    こんにちは

    皆さんのコメントをみて随時募集しているようなのでコメントを書かせて頂きます。

    自分には自分の絵や自分自身にあまり自信がもてないのですが、グラフィックデザイナーをやってる友人は私の絵をすごいじゃんと褒めてくれます。でもあまり人に見せたことのない絵ですが、役に立ち、それにより報酬が得れるのであればそんなに幸せな事はないと思いました

    見て欲しい絵がいくつかあるのですが、描き過ぎて腱鞘炎になってしまい私事ですが、絵からは少し遠ざかっていますが、私の絵を見て検討していただけると幸いです。

    宜しくお願い致します^ ^

      • 草野 紀親
      • 2017年 9月 23日

      小團扇 勲 様

      コメントありがとうございます。 

      ぜひ一度、小團扇さまの作品を拝見させていただければ幸いです。
       
      お手数お掛けしますが、作品はこちらのアドレスに送って頂けますでしょうか。 

      info☆design-management.net ※「☆」の箇所を「@」に変換してください。 

      それではお待ちしております。

    • 藤本マリイ
    • 2017年 12月 15日

    はじめまして。
    「手書き デザイナー 」で検索したところこちらの記事を見つけたのでコメントさせていただきました。

    私はごく普通の大学を卒業後一般企業に就職しましたが、昔からやりたかった絵の勉強をはじめ、近い未来絵で生活していけないかと考えている者です。

    イラスト以外にもタイポグラフィやデザインの面にも興味があるので、こちらの記事はまさに私のやりたいことだなぁと思っているのですが、手書きデザインとは具体的にどういったことをされる(されている)のでしょうか。

    ご返信頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

      • 草野 紀親
      • 2017年 12月 15日

      藤本 マリイ 様

      この度は、コメントいただきましてありがとうございます。

      手描きのデザインを私たちは大事にしていきたいと思っています。

      デザインを取り巻く環境が進化して、どうしても合理性を重視してしまうと、ありものの素材(無料で提供している素材)をつかったり、パソコンからの作業にとりかかってしまうプロセスを辿ってしまいます。

      本来、デザインで伝えなければならないものは、ワクワクや楽しいといった人が本来もっている感覚や目に見えないメッセージ、世界観を伝える精神性そのものが、AIやデジタルが主流な時代になったからこそ大事ではないかと考えています。
       
      それを体現するには、手描きでデザインすることはとても大切であり、手描きのプロセスを辿ることでしか表現できない領域があると思っています。 

      そういった理由から、手描きのデザインをされる方、絵、イラスト、タイポグラフィなど、デザインの原点に再び価値を見出し、活躍していける場を提供する活動もしております。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る