記事の詳細

今現在、デザイン会社の買収(M&A)が加速度的に進んでいる

ここ最近、相次ぐデザイン会社の買収(M&A)がニュースが立て続けに取り上げられています。

いくつかデザイン会社の買収(M&A)の事例を上げてみると

・ 博報堂DYホールディングスの戦略事業組織「kyu(キュ)」は、米国でデザインコンサルティング業務を展開する「IDEO LP」に対して出資を行い、30%の持分を取得

・ 米コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company, Inc.)が、デザイン会社「LUNAR(ルナ社)」を買収

・ アクセンチュアは、BMW等の大手広告主向けデジタルマーケティングビジネス増強のため、ロンドンに本社があるデザイン会社「Fjord(フィヨルド社)」を買収

他にも米国の金融大手キャピタル・ワンが「Adoptive Path(アダプティブ・パス社)買収 など

大手企業がデザインを経営戦略に活かす手段として「買収」が次々と「デザイン思考=デザイン マネジメント」を取り入れる動きが活発化してます。

 

ビジネス領域(経営)における「デザイン思考(デザインシンキング)によるデザインマネジメント」

ビジネス領域(経営)における
「デザイン思考(デザインシンキング)によるデザインマネジメント」

「デザイン思考(デザインシンキング)」を「経営」に取り入れることの重要度が年々高まっています。 
ただし、具体的な中小企業の「デザイン マネジメントの導入」はまだ確立されておらず、逆に日本でのクラウドデザインサービスは「ランサーズ」や「クラウドワークス」など、デザインマネジメントのデザイン思考(デザインシンキング)のプロセスとは相反する デザインの敷居を下げた「簡単手軽な作業の支援」にフォーカスしている。 これらのサービスの根幹(コンセプトの構造)は、コストパフォーマンスが中心にあり「狭義のデザイン」の概念のみで作り上げてしまっているサービスであることに とても危機感を抱いている。

現在、日本ではデザインがもつ意味を2つにわけられます。

ひとつは「狭義のデザイン」


もうひとつは、「広義のデザイン」です。

日本の元気を支えているのは中小企業であり、中小企業こそイノベーションを生む環境や、その基礎となる土壌づくりを大切にしていかなければならないと考えます。

 

「デザインマネジメントの導入」による効果

「デザインマネジメントの導入」による「デザイン思考の活用」と「デザインマネジメントによるブランドデザインの資産化」は実に相性がよく親和性があり有効である。(大手企業より、中小企業のほうが中長期でデザインマネジメント導入の効果が期待できると私は考えております)

大手企業が行っているM&A(デザイン会社の買収)の手段(手法)によって「デザイン思考」=「本物のビジネスデザイン」が実現できるか(イノベーションをつくれるか)については、いくつかの大きな問題があり、買収という手段(手法)がはたして良いのかいささか違和感があります。

IDEO社の企業文化創造の最大の原動力「デザインと真摯に向き合う」この姿勢に強く魅力を感じていたので、博報堂がIDEOを買い取り傘下にすることで、IDEOイズム(IDEOのアイデンティティ)をどのように博報堂の企業文化として根付かせていき、イノベーションを起こしデザインマネジメントスキルを発揮させていくのかが今のところイメージがつかず具体的によくわかりません。 従って「デザインマネジメントの導入」が本質の領域で相乗効果が生まれて根付くとはどうしても考えにくい。

 

日本経済は中小企業の力にかかっている

日本経済は中小企業の力にかかっている

日本の経済主役は中小企業であり、日本経済がよくなるかは中小起業の力にかかっていると言っても過言ではない。
だからこそ大手企業が行う、優秀なデザイン会社の買収という手段(手法)とは違うベクトルで思考し、中小企業がもっと身近に持続的に活用できる「デザインマネジメントの導入」が実現することができたら、経営とデザイン思考が直結したグランドデザインが正常に機能し、イノベーションに繋がる「広義なデザイン」も構築できる素晴らしいものになるのではと確信しています。

 

【参考記事】


相次ぐデザイン会社の買収から考える ビジネス領域におけるデザイン思考の重要性
博報堂DYHDの戦略事業組織「kyu」、デザインコンサルティング行う「IDEO」を傘下に

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る